レビトラを開発したのは、アスピリンを開発したことで知名度の高いドイツの製薬会社のバイエルです。バイエル製薬会社では、レビトラは「満足な性行為を行うにあたって充分な勃起が得られない、または維持できない男性患者の勃起不全を治療するための薬」とされています。

レビトラは基本的に1日1回の服用で、続けての服用では24時間以上空けることが必要です。性行為の約1時間前に服用し、医師から指示された用量以上を決して服用しないことも必要とされています。特に高齢者、肝臓の疾患のある人は必ず医師の指示を守りましょう。指示された用量で効果がなくても、医師または薬剤師に相談のうえで使用量を調節すべきで、患者自身の判断で投与の量を変えてはなりません。心臓疾患のある方に対して使われるニトログリセリンなどといった硝酸剤を服用中の人はレビトラは決して服用してはいけません。急激に血圧が降下し、最悪では死に至ります。心臓病患者は性行為そのものが禁止されていることもあります。狭心症の発作と思われる症状が表れた場合には、ただちに安静にして、医師や病院に連絡することと、治療を行う医師にはレビトラを服用していることを必ず伝えます。

勃起は、脳から性的な興奮状態にあることが陰茎の海綿体に伝わった結果として、陰茎の血管が大きく広がって血液が流れ込むことで起きます。レビトラは、何らかの原因で広がりにくくなった陰茎の血管を広げやすくして、勃起を助ける薬です。EDの人にとっては、性行為自体が精神的なプレッシャーとなっていることがあります。不安や緊張のために充分な効果が発現しないこともありますので、あきらめずに何回か服用してみましょう。何回か服用しても効果が実感できない場合には、医師に必ず相談しましょう。レビトラの効果は速やかで、早い人なら1分、遅い人でも1時間あれば勃起力が復活します。多くは30分程度で効果が現れることが報告されています。性的な興奮を高めるものではなく、レビトラを服用しても性的な刺激がなければ勃起は起きません。

レビトラはバイアグラなど他のED治療薬に比較して即効性が高く、薬効の持続時間が長いことで、多くの人に愛用されている薬です。年齢制限は基本的にありません。健全な成人男性であれば、誰でも服用できます。ある医療機関によると、80歳以上の利用者がいると報告されています。

レビトラは、バルデナフィルという有効成分の量が5mg、10mg、20mg配合した3種類が販売されています。配合されている分量が多いほど、効果も強く出ますが、副作用も強まります。初めて利用する人や高齢者には、5mgの使用が推奨されています。高齢者の方には、腎臓病や肝臓病、心臓疾患などを抱えている人がいますが、こういった人がレビトラを処方してもらうには、自分の病歴・既往症を充分に把握して、医師や医療機関に正直に伝えておく必要があります。無理のない服用を心がけるべき薬です。個人差もありますが、年齢とともに性機能が低下するのは仕方のない部分があります。年齢とともに男性ホルモンのテストステロンの量が減少して、これが男性機能の低下を招きます。年齢が増加すると血圧が高くなったり、糖尿が出たりするなど、何らかの持病を持つ人が増加します。これらは勃起不全の要因となります。病気の期間が長ければ動脈硬化が進行して、そこからEDを引き起こすことが多くあります。根本的な若返りは無理ですが、レビトラは勃起する力をサポートすることには間違いありません。

レビトラには年齢制限はなく、たとえば未成年への処方に関して特別な禁止はされていません。また、未成年がレビトラを服用して危険な状態になったという明確なデータは発表されていません。近年では、若い世代でも精神的なプレッシャーなどから心因性の勃起不全を発症することがあります。そういった場合には、レビトラなどのED治療薬を使用して、成功体験を得ることで心因性EDの克服をはかるということも考えられるでしょう。未成年で未婚者の人にED治療薬を処方しないとしているクリニックがほとんどです。日本性機能学会でもED治療薬の処方には、原則20歳以上で、本人の確認を取るべきとしています。

レビトラは男性の勃起不全を改善するためのED治療薬です。血管を拡張することによって、性的な刺激を受けて勃起したペニスを維持する働きがあります。血流を良くするということは、男性だけでなく女性にも効果があると推測されています。一部には女性にも効果が発現するとした臨床データがあります。また、女性にレビトラを処方した実験では、多くの被験者に効果が感じられ、女性器周辺が敏感になってオーガズムが起こりやすくなったという結果が出たという話もあります。

ただ、レビトラが女性に効果があるという医学的な証拠はまだ発表されていません。女性は男性のような陰茎の海綿体や尿道海綿体は存在しないので、勃起にはまったく関係がありません。レビトラを女性が服用すると、男性のような効果が現れないだけでなく、単に副作用である頭痛や顔のほてり、めまい、動悸などを経験するだけという可能性もあります。レビトラは女性が服用しても、望ましい結果は得にくいと考えていいでしょう。

レビトラを含むED治療薬への大きな誤解として、こういった薬に興奮剤の効果を期待している点があります。ED治療薬を飲むと、媚薬のような効果が得られ、飲んだ途端に激しく興奮するという誤解です。レビトラは興奮剤ではなく、あくまで勃起の補助をする薬であり、性的な興奮は外部から受ける刺激によってもたらされるものです。レビトラは効果として医学的に認められているのは、有効成分であるバルデナフィルの働きによって血管が拡張されるという効果で、脳内の性欲に関する分泌をうながす効果は認められていません。服用が直接性欲を増進することはありません。ただし、プラシーボ効果で服用によって性欲が高まった気がするというのは有り得ますが、医学的に直接の因果関係はありません。女性にも性的な欲求はあります。女性でも男性と同じレベルで性欲はあり、それを刺激することは不可能ではありませんが、レビトラは男性の勃起不全の治療薬であって、女性用の媚薬ではありません。

近年では薬や美容製品の個人輸入がはやっており、輸入を代行してくれる業者も数多くあります。こうした代行業者を利用すると、薬やサプリメントが日本国内で買うよりも格段に安いため、便利に使えることがあります。レビトラの場合、日本国内で処方箋をもらって薬局で買うよりも、個人輸入代行業者から買う方が3割程度安くなります。ED治療薬を専門とする個人輸入代行業者も多数存在します。

ただ、こうした通販には悪質なものもあるので注意が必要です。個人輸入代行業者の通販サイトから購入したレビトラの約6割が偽物であったというデータもあります。インターネットが普及して、海外でも国内でも、クリックするだけで簡単に物品が購入できる時代です。レビトラなどのED治療薬も輸入代行業者経由で簡単に購入できます。悪質な業者の販売する偽造品には、身体に害を及ぼすような危険な成分が含まれていることもあります。本物に近いコピー薬でも、配合さえている成分などが違っていて、そのことから予想もしない副作用を引き起こす危険性もあります。充分な注意が必要でしょう。

レビトラを含めED治療薬を危ない薬と誤解している人も多くいます。それは、こうした悪質な業者が販売する危険な副作用の薬が蔓延したせいとされています。正規品のレビトラは、バイエル製薬が開発した安全性の高い薬です。まったく副作用がないわけではありませんが、これは市販の風邪薬にも副作用があるのと同様で、心配されるようなものではありません。用法と用量を守っていれば、何の心配もなくEDの治療ができる薬です。服用するものが偽物であれば、非常に恐ろしいことになります。レビトラの偽物を服用して健康被害にあったという人も報告されています。正規品を偽った別物を買わされないように注意すべきでしょう。個人輸入代行業者にも、正規品を安く買えるところがたくさんあります。ネットの口コミ情報をチェックしたり、サイトの内容をよく見て検討したりして、自己防衛しましょう。

ED治療薬として人気の高いレビトラですが、グレープフルーツとの相性が悪いとされています。グレープフルーツはフレッシュジュースとしてもスムージーとしても健康志向の人に人気があるフルーツですが、こういったジュースなどを飲んだ状態でレビトラを服用すると危険とされているため、注意が必要です。

レビトラは血管を拡張することで勃起力を高めるための治療薬です。同時に若干ながら副作用もあります。この副作用がグレープフルーツを食べることで通常よりも重度なものとして発現する可能性があります。グレープフルーツには、血中濃度を高くする働きのあるフラノクマリン酸が含まれています。この成分は薬との相互作用があることで知られています。フラノクマリン酸は、シトクロムP450という薬物の代謝酵素の作用を著しく阻害してしまう作用を持っています。そのため、特に高血圧患者用の薬剤であるカルシウム拮抗剤では強く影響が出ます。この他、グレープフルーツに含まれる成分が、風邪薬やシクロスポリン使用薬などと併用した場合に、薬効が出過ぎたり副作用が大きくなったりすることが知られています。レビトラでも、このフラノクマリン酸が副作用を高める危険性があります。

フラノクマリン酸には、薬の体内への吸収を高めるという作用があります。吸収が高まるため、薬の効果が大きくなるということになります。身体にいい効果も高めますが、逆に副作用の効果も高める結果になります。レビトラは元々、効果の非常に高い薬で、それに加えて効果をわざわざ高める必要がありません。副作用も大きいからです。たとえばレビトラの主な副作用として頭痛や顔のほてり、目の充血などがありますが、グレープフルーツと一緒にレビトラを服用することで、これらの症状の悪化を招く可能性があります。前日にグレープフルーツを食べたことで薬の副作用が大きく出たという報告例もあります。レビトラを使用するときには、安心して利用できるよう1日前の段階からグレープフルーツは避けた方がいいでしょう。

レビトラを個人輸入で何箱もまとめ買いした場合などに保管をどうすべきかという問題が起きます。思った以上に効き目が良く、明らかに買い過ぎでしまっていたということも珍しくありません。レビトラは薬局で販売されている市販薬と同様に日光の当たらず、湿気の少ない場所であれば、常温で保管しても問題はありません。光や温度、湿度によって効果が落ちるという点では、他の風邪薬などの錠剤と変わることはありません。

レビトラは処方されてから約2年が使用期限です。それを過ぎたら、もったいないなどと考えず捨ててしまいましょう。よくある勘違いに、冷蔵庫で保管したら少しくらい使用期限が過ぎても使用が可能というのがありますが、実際には関係ありません。冷蔵庫であっても薬箱であろうと、2年を過ぎたレビトラは使用しないようにしましょう。未開封で2年程度が使用限度で、空気に触れてしまった錠剤は、ラップなどに包んだ状態で保管して1週間くらいを使用期限としましょう。レビトラは湿気に非常に弱い薬です。できれば密閉した状態で保管し、なるべく期限内に使い切ってしまうように心がけましょう。

薬の保管で勘違いされる冷蔵庫での保管ですが、これは市販薬のパッケージなどに保存の際には冷暗所で保存と記載されていることから生まれるものと考えられます。冷暗所とは、常に15度から25度以下で、太陽光線の当たらない場所のことで、決して冷やして保管することではありません。まとめ買いした薬やサプリメントを食べ物と同様に、冷蔵庫で保管すると長持ちすると考えがちですが、まったくの間違いです。冷蔵庫は温度や湿度が低い環境であるため、酸化などの化学反応が進まず、劣化しにくくなりますが、薬の場合には、冷蔵庫に入れると服用の際取り出しすと温度差が激しくなり、その結果結露しやすい状態になるとう問題が生じます。レビトラは水溶性が高いため、逆に言うと湿気に弱いという弱点があります。冷蔵庫で保管するのではなく、薬箱や密閉容器に入れて、光の当たらない場所に保管しましょう。

どのような薬であっても使用期限があります。レビトラは一般に、処方した日から約2年ほどが使用期限です。ED治療専門クリニックなどから処方されたら、薬局から渡される領収書などを保管しておき、管理しておきましょう。

レビトラを処方してもらう際には、ほとんどの場合10錠入りのPTPシートになります。10錠に満たない量であれはPTPシートを分けて処方します。このPTPシートにはどこにも使用期限は記載されていないので注意が必要です。従来まではPTPシートには4錠ごとの処方で、使用期限が記載されていましたが、2012年ごろから記載されないようになったので、使う側がしっかり管理する必要があります。多めの錠剤を処方された場合や、心配な人は処方された際に使用期限を油性ペンなどでシートに書いておいた方がいいでしょう。

PTPシートから取り出した錠剤は、高温多湿や直射日光を避けて保管してあれば1年は問題ないとされています。これは他の錠剤でもほぼ同様で、PTPシートから出したからといってすぐに使用しなくてはならないというわけではありません。海外ではレビトラはむき出しになった状態でボトルなどに入れて販売されていることもあります。シートから出した状態のレビトラは、水気から遠ざけておく必要があります。たとえば湿った手で触らないようにする必要がありますし、何らかのケースに入れて取り出した日付を明記しておきます。車の中に放置したり、ポケットのなかに入れて持ち歩くなどは厳禁です。また、レビトラを割って使用することもありますが、割ってある場合にはなるべく早く使用します。使用期限は断然短くなると思っていいでしょう。レビトラは、外見は黄色ですが、割ると中は白くなっています。この白い部分が湿気に触れると薬としての機能が失われます。レビトラは水に溶けやすいという性質があります。外側の黄色のコーティングに守られない部分は、湿気を吸いやすく、一気に劣化していきます。基本的には割って使用することは推奨されていません。

レビトラは、日本では医師の処方箋なしでは購入することはできません。薬局やドラッグストアで気軽に買える薬ではなく、必ず医師の処方箋が必要です。海外では日本の法律が適用されないため、処方箋なしでも購入できます。近年では化粧品や家具、美容機器などを個人輸入で購入する人が増えていますが、医療関連の製品でも購入が可能です。ただし、Amazonや楽天などの通販では買うことはできないため、処方箋なしでレビトラを購入するには、医薬品の個人輸入を代行してくれる通販サイトに頼ることになります。

個人輸入代行業者は数多くあり、利用する人も増えており、徐々に定着しつつあります。個人で医薬品を輸入しようと思うと、たとえば言葉の問題もありますし、輸入の手続きや商品到着までに発生するトラブルにも対応は困難です。個人輸入代行業者は、こういったすべてを対応してくれます。近年では個人輸入によりレビトラを手に入れている人も多くいて、そのほとんどが手続きを輸入代行業者に任せています。余計な手間をかけずに、通院の手間も省くためには、個人輸入代行業者は非常に便利な方法と言えます。

個人輸入業者を利用してレビトラを入手することは法律上はまったく問題ありません。違法性はなく、安心して利用することができます。ただし、合法であることは確かですが、気を付けるべき点があります。それは転売を行ってはならないということです。譲渡も禁止です。あくまで個人で購入したものであって、個人の利用に限るという点に注意してください。また、個人輸入業者には偽物や粗悪品を送りつけるところもあって、トラブルも多発しています。しっかりとサイトなどを見て、正規品を取り扱っているかどうか、また正規の販売ルートで入荷しているかどうかを充分注意しましょう。個人輸入の大きなメリットは、通院する手間が必要ないことと、安く入手できる点にあります。価格は、処方箋で購入するよりも3割程度安くなります。業者がしっかりしているかどうか見極めて購入しましょう。

レビトラの大きな特長として、食事をしてもその影響を受けにくいという点があります。バイアグラは、空腹時に服用しないと効果を感じられるまでの時間が長くかかったり、効き目自体が半減したりすることがありますが、レトビラはそういった影響を受けにくいというメリットがあります。基本的に食前でも食後でも、いつ飲んでも構わないというのがレビトラの長所です。レビトラは他のED治療薬に比較して水溶性が高く、素早く体内に吸収されるため、食事の影響を受けにくい性質があります。

レビトラを服用するうえで気を付けたいのが、暴飲・暴食です。あまりお腹がいっぱいの状態では効き目が薄れます。そのため、腹7分目くらい、通常の食事よりやや軽めの食事をする方がいいでしょう。また、食事の内容もほとんど問いません。通常の食事を楽しんでから服用して大丈夫です。ただし、あまり脂質の高いメニューは避けた方がいいでしょう。脂分の多い食事をお腹いっぱい食べた後はどうしても消化が悪くなります。レビトラは水溶性が高いことが特徴ですが、それでも脂分の消化に胃液が費やされている状態では、吸収が悪くなります。レビトラを飲むときには、薬の効果が失われないよう、念のために脂っこいものやこってりしたものを避ける方が無難でしょう。脂質の低いあっさりした食事の方が、効果を引き出せます。

レビトラは水に溶けやすいのが特徴で、個人差はあるものの早い人で10分程度で効果が現れます。たとえばパートナーとの性行為にのぞむ際には、食事をしてから2時間以上経って、ベッドに入る直前に服用する方法がいいでしょう。空腹時に使用したレビトラは早く効き目が出ますし、効果も最低4時間持続します。パートナーを充分に喜ばせることが可能です。普段なら1回で終わってしまう行為も2回、3回と可能になります。レビトラそのものには性的興奮を得るための成分は含まれていないので、性的興奮はパートナーに与えてもらいましょう。

レビトラは勃起不全の人の悩みを解消するためのED治療薬で、性的な刺激や興奮を得ることによって勃起するペニスを助けて、性行為を順調に行うことを可能にした薬です。個人差はありますが、性行為の1時間ほど前に水などで服用します。

レビトラは従来のED治療薬に比較して、副作用が抑えめであることに特長があります。人それぞれに程度の差はありますが、副作用として発症しがちなのが目の充血や顔のほてりがあります。レビトラは血管を拡張する働きがあるため、このような症状が出ることがあります。気にならない程度であれば、むしろレビトラの成分が体内に吸収されて効き目が現れていると考えましょう。過度に心配する必要はありません。血管が拡張されることによる副作用として想定されるのは動悸や頭痛などがあります。人によっては我慢できないくらいに痛むなどのケースが考えられます。そういった際には医師に受診するようにしましょう。また、鼻づまりや光に敏感になるなどの症状が見られることがあります。こういった症状は、基本的に4時間から6時間ほどで治まります。もし回復しない場合には、病院に行きましょう。本来的にはレビトラには命にかかわるような重篤な副作用を起こす成分は配合されていません。ただし、個人輸入などで入手したレビトラには、健康を害する成分が含まれていることがあります。

レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬ですが、満腹状態で服用すると充分な効果が得られないことがあります。食後2時間ほど時間をあけてから服用した方が効果的です。また、レビトラそのものには、性的興奮を高める作用はありません。あくまで勃起不全の改善のための薬です。服用したら、必ず勃起するというわけではなく、性的に興奮させるものがないと勃起は得られません。また、硝酸剤や抗不整脈薬、抗真菌薬、HIV治療薬などとレビトラは併用禁忌です。併用してしまうと、重篤な副作用を起こすことがあります。注意しましょう。

他のキーワードで検索 »