薄毛治療薬・ロゲインを知っていますか?
ロゲインという育毛剤をご存知ですか?こちらは育毛効果をミノキシジルによって発揮している医薬品系の育毛剤です。同じ様にミノキシジルを主成分とする育毛剤・リアップはTVでもお馴染みですが、ロゲインは世界シェアNo.1を誇るアメリカのファイザー製薬の育毛剤で、リアップと同等の育毛効果があります。ロイゲンの主成分・ミノキシジルですが、もともとは高血圧の治療薬として開発されました。ですが臨床試験で、薄毛症の被験者男性の多くに発毛の症状が見られたために、急きょ育毛剤として再研究がなされました。それで完成したのがミノキシジルです。

ロゲインの育毛効果とは?
ロゲインの主成分・ミノキシジルですが、実際の育毛効果は直接薄毛部分に塗布すると、その部分の皮膚細胞に働きかけて毛細血管の拡張をさせ、血行アップの効果を発揮します。つまり薄毛の原因である栄養不足・代謝不足を改善して、毛母細胞の分裂を促進させる働きなのです。メーカー発表によるとAGA型の脱毛症にも高い効果を発揮するとあります。多少の個人差はありますが、実績としては90%以上もの方が改善したとの事です。そして脱毛の初期段階に投与した方が育毛速度も速い事も分かっていて、薄毛症状に気が付いたら、即利用するようにおすすめします。もちろん年月の経過してしまったケースでも、丁寧に治療をして行けば効果が期待できますのであきらめない様にしましょう。

ロゲインの効果的な使用方法について
ロゲインの主成分・ミノキシジルは血行アップ作用による発毛・育毛効果を発揮しますが、生え際の薄毛には効果が出難い事があります。その理由に、生え際の皮膚組織が硬化していてミノキシジルが浸透し難い事、そしてAGAの原因である5α‐リダクターゼを抑制する効果がない事も問題です。つまり抜け毛の原因を改善していないために、最も脱毛が激しい生え際をカバーしきれないのです。そこでAGAクリニックでは5α‐リダクターゼを抑制する効果のあるプロペシアをメインとし、そのサポートとしてロゲインを投与する方法が採られています。

コメント

コメントする