ロゲインはコストパフォーマンスに優れています
ミノキシジル配合の育毛剤には国産のリアップがありますが、内服薬は厚生省の認可が下りていないために市販されていません。もちろんAGAクリニックでは処方されますが、自分で薄毛対策をする場合はリアップか個人輸入代行の海外モノを利用する事になります。海外モノの代表は世界初のミノキシジル育毛剤・ロゲインです。ロゲインはリアップとミノキシジル配合率が同率で、効果も基本的にリアップと同じです。最近は個人輸入代行を利用して海外育毛剤を利用するユーザーが増加していますから、すでにロゲインを試した方もいる事でしょう。全く効果が同じとなれば価格の安いロゲインを選ぶメリットがあります。ちなみにリアップは1ヶ月分で7000円強ですが、ロゲインならば5%バージョンでも4000円以下で購入が可能です。ましてロゲインのジェネリック薬品・カークランドならば、通販によっては3000円以下で提供されています。ただし、安全性や品質にこだわるのであれば、国産の育毛剤を選ぶメリットもあるでしょう。

ロゲインの副作用について
ここで一つ、ロゲインなどのミノキシジル系育毛剤を個人で利用する際の注意点があります。それは副作用の問題です。確かにミノキシジルには血管拡張などの作用による血行アップの効果で、特に加齢からくる脱毛症には効果の高い薬品です。ですが、強制的に血行アップをさせる作用である以上、副作用の心配もあります。具体的には頭皮のかぶれや痒み・赤みなどの肌トラブルが出る事です。また体のほてりやめまいも見られます。もちろん副作用の発症率はとても小さいので、むやみに恐れる必要はありませんが、もともとアレルギー体質や敏感肌で肌トラブルのある方は要注意です。事前にパッチテストを行って身体に合っているかを確かめておく様におすすめします。またミノキシジルは血圧を下げる効果があるために、低血圧症の方や高血圧治療で薬を服用している方も注意をしなければなりません。一気に血圧が下がってしまい、危険な症状に発展する可能性もあるからです。そのような方は、使用前に医師に相談すると良いでしょう。

コメント

コメントする