国産はリアップだけです
高血圧改善薬・ミノキシジルに発毛・育毛効果が高い事は世界中で認められています。日本国内では市販薬としての普及が未発達で、2017年現在では大正製薬のリアップ・シリーズだけとなっています。もちろんAGAクリニックなどの医療機関では処方されていて、薄毛治療ではむしろ中心的な医療薬です。ただしリアップにしてもAGAクリニックの処方薬にしても、その価格はなかなか高いものとなっていて、長期使用を必要としている方には負担が大きいでしょう。ちなみにリアップでも1ヶ月分の価格が7000円以上となります。クリニックならば診察料や検査料なども加算される為、その何倍もの支払いになるでしょう。そこで価格の安い海外育毛剤に注目が集まっています。その中でもロゲインはファイザー製という事もあって人気が高いです。

ロゲインは1ヶ月に1本まで!
そこでロゲインの購入方法ですが、昔ながらの方法であれば直接外国へ行って購入する事ができますが、今はもっと利便性の高いネットの個人輸入代行があります。購入価格も3000円弱のリーズナブルな提供ですから、かなりお得な利用方法だと言えるでしょう。では安全性に関してはどうかといえば、国産はその点で安心ですし、ロゲインもファイザー製ですので問題ありません。ですが、輸入代理店をしっかりと選ばないと偽物や粗悪品を売りつけられるケースもあります。今では中国製の毒性のある類似品が出回っていて、良く知らない方が被害にあっています。そんな詐欺商法に引っかからないために、事前にロゲインのパッケージやビンの形をチェックしておくようにおすすすめします。個人輸入ではひと月に1本というのがロゲインの場合のセオリーとなっていて、それ以上は通関しません。これは個人使用を前提としている売買法によるためで、転売を防ぐ措置ですが、その為に購入の際の手間とコストがかさむ点は理解しておきましょう。

コメント

コメントする