レビトラは男性の勃起不全を改善するためのED治療薬です。血管を拡張することによって、性的な刺激を受けて勃起したペニスを維持する働きがあります。血流を良くするということは、男性だけでなく女性にも効果があると推測されています。一部には女性にも効果が発現するとした臨床データがあります。また、女性にレビトラを処方した実験では、多くの被験者に効果が感じられ、女性器周辺が敏感になってオーガズムが起こりやすくなったという結果が出たという話もあります。

ただ、レビトラが女性に効果があるという医学的な証拠はまだ発表されていません。女性は男性のような陰茎の海綿体や尿道海綿体は存在しないので、勃起にはまったく関係がありません。レビトラを女性が服用すると、男性のような効果が現れないだけでなく、単に副作用である頭痛や顔のほてり、めまい、動悸などを経験するだけという可能性もあります。レビトラは女性が服用しても、望ましい結果は得にくいと考えていいでしょう。

レビトラを含むED治療薬への大きな誤解として、こういった薬に興奮剤の効果を期待している点があります。ED治療薬を飲むと、媚薬のような効果が得られ、飲んだ途端に激しく興奮するという誤解です。レビトラは興奮剤ではなく、あくまで勃起の補助をする薬であり、性的な興奮は外部から受ける刺激によってもたらされるものです。レビトラは効果として医学的に認められているのは、有効成分であるバルデナフィルの働きによって血管が拡張されるという効果で、脳内の性欲に関する分泌をうながす効果は認められていません。服用が直接性欲を増進することはありません。ただし、プラシーボ効果で服用によって性欲が高まった気がするというのは有り得ますが、医学的に直接の因果関係はありません。女性にも性的な欲求はあります。女性でも男性と同じレベルで性欲はあり、それを刺激することは不可能ではありませんが、レビトラは男性の勃起不全の治療薬であって、女性用の媚薬ではありません。

コメント

コメントする