レビトラはバイアグラなど他のED治療薬に比較して即効性が高く、薬効の持続時間が長いことで、多くの人に愛用されている薬です。年齢制限は基本的にありません。健全な成人男性であれば、誰でも服用できます。ある医療機関によると、80歳以上の利用者がいると報告されています。

レビトラは、バルデナフィルという有効成分の量が5mg、10mg、20mg配合した3種類が販売されています。配合されている分量が多いほど、効果も強く出ますが、副作用も強まります。初めて利用する人や高齢者には、5mgの使用が推奨されています。高齢者の方には、腎臓病や肝臓病、心臓疾患などを抱えている人がいますが、こういった人がレビトラを処方してもらうには、自分の病歴・既往症を充分に把握して、医師や医療機関に正直に伝えておく必要があります。無理のない服用を心がけるべき薬です。個人差もありますが、年齢とともに性機能が低下するのは仕方のない部分があります。年齢とともに男性ホルモンのテストステロンの量が減少して、これが男性機能の低下を招きます。年齢が増加すると血圧が高くなったり、糖尿が出たりするなど、何らかの持病を持つ人が増加します。これらは勃起不全の要因となります。病気の期間が長ければ動脈硬化が進行して、そこからEDを引き起こすことが多くあります。根本的な若返りは無理ですが、レビトラは勃起する力をサポートすることには間違いありません。

レビトラには年齢制限はなく、たとえば未成年への処方に関して特別な禁止はされていません。また、未成年がレビトラを服用して危険な状態になったという明確なデータは発表されていません。近年では、若い世代でも精神的なプレッシャーなどから心因性の勃起不全を発症することがあります。そういった場合には、レビトラなどのED治療薬を使用して、成功体験を得ることで心因性EDの克服をはかるということも考えられるでしょう。未成年で未婚者の人にED治療薬を処方しないとしているクリニックがほとんどです。日本性機能学会でもED治療薬の処方には、原則20歳以上で、本人の確認を取るべきとしています。

コメント

コメントする