レビトラを個人輸入で何箱もまとめ買いした場合などに保管をどうすべきかという問題が起きます。思った以上に効き目が良く、明らかに買い過ぎでしまっていたということも珍しくありません。レビトラは薬局で販売されている市販薬と同様に日光の当たらず、湿気の少ない場所であれば、常温で保管しても問題はありません。光や温度、湿度によって効果が落ちるという点では、他の風邪薬などの錠剤と変わることはありません。

レビトラは処方されてから約2年が使用期限です。それを過ぎたら、もったいないなどと考えず捨ててしまいましょう。よくある勘違いに、冷蔵庫で保管したら少しくらい使用期限が過ぎても使用が可能というのがありますが、実際には関係ありません。冷蔵庫であっても薬箱であろうと、2年を過ぎたレビトラは使用しないようにしましょう。未開封で2年程度が使用限度で、空気に触れてしまった錠剤は、ラップなどに包んだ状態で保管して1週間くらいを使用期限としましょう。レビトラは湿気に非常に弱い薬です。できれば密閉した状態で保管し、なるべく期限内に使い切ってしまうように心がけましょう。

薬の保管で勘違いされる冷蔵庫での保管ですが、これは市販薬のパッケージなどに保存の際には冷暗所で保存と記載されていることから生まれるものと考えられます。冷暗所とは、常に15度から25度以下で、太陽光線の当たらない場所のことで、決して冷やして保管することではありません。まとめ買いした薬やサプリメントを食べ物と同様に、冷蔵庫で保管すると長持ちすると考えがちですが、まったくの間違いです。冷蔵庫は温度や湿度が低い環境であるため、酸化などの化学反応が進まず、劣化しにくくなりますが、薬の場合には、冷蔵庫に入れると服用の際取り出しすと温度差が激しくなり、その結果結露しやすい状態になるとう問題が生じます。レビトラは水溶性が高いため、逆に言うと湿気に弱いという弱点があります。冷蔵庫で保管するのではなく、薬箱や密閉容器に入れて、光の当たらない場所に保管しましょう。

どのような薬であっても使用期限があります。レビトラは一般に、処方した日から約2年ほどが使用期限です。ED治療専門クリニックなどから処方されたら、薬局から渡される領収書などを保管しておき、管理しておきましょう。

レビトラを処方してもらう際には、ほとんどの場合10錠入りのPTPシートになります。10錠に満たない量であれはPTPシートを分けて処方します。このPTPシートにはどこにも使用期限は記載されていないので注意が必要です。従来まではPTPシートには4錠ごとの処方で、使用期限が記載されていましたが、2012年ごろから記載されないようになったので、使う側がしっかり管理する必要があります。多めの錠剤を処方された場合や、心配な人は処方された際に使用期限を油性ペンなどでシートに書いておいた方がいいでしょう。

PTPシートから取り出した錠剤は、高温多湿や直射日光を避けて保管してあれば1年は問題ないとされています。これは他の錠剤でもほぼ同様で、PTPシートから出したからといってすぐに使用しなくてはならないというわけではありません。海外ではレビトラはむき出しになった状態でボトルなどに入れて販売されていることもあります。シートから出した状態のレビトラは、水気から遠ざけておく必要があります。たとえば湿った手で触らないようにする必要がありますし、何らかのケースに入れて取り出した日付を明記しておきます。車の中に放置したり、ポケットのなかに入れて持ち歩くなどは厳禁です。また、レビトラを割って使用することもありますが、割ってある場合にはなるべく早く使用します。使用期限は断然短くなると思っていいでしょう。レビトラは、外見は黄色ですが、割ると中は白くなっています。この白い部分が湿気に触れると薬としての機能が失われます。レビトラは水に溶けやすいという性質があります。外側の黄色のコーティングに守られない部分は、湿気を吸いやすく、一気に劣化していきます。基本的には割って使用することは推奨されていません。

レビトラは、日本では医師の処方箋なしでは購入することはできません。薬局やドラッグストアで気軽に買える薬ではなく、必ず医師の処方箋が必要です。海外では日本の法律が適用されないため、処方箋なしでも購入できます。近年では化粧品や家具、美容機器などを個人輸入で購入する人が増えていますが、医療関連の製品でも購入が可能です。ただし、Amazonや楽天などの通販では買うことはできないため、処方箋なしでレビトラを購入するには、医薬品の個人輸入を代行してくれる通販サイトに頼ることになります。

個人輸入代行業者は数多くあり、利用する人も増えており、徐々に定着しつつあります。個人で医薬品を輸入しようと思うと、たとえば言葉の問題もありますし、輸入の手続きや商品到着までに発生するトラブルにも対応は困難です。個人輸入代行業者は、こういったすべてを対応してくれます。近年では個人輸入によりレビトラを手に入れている人も多くいて、そのほとんどが手続きを輸入代行業者に任せています。余計な手間をかけずに、通院の手間も省くためには、個人輸入代行業者は非常に便利な方法と言えます。

個人輸入業者を利用してレビトラを入手することは法律上はまったく問題ありません。違法性はなく、安心して利用することができます。ただし、合法であることは確かですが、気を付けるべき点があります。それは転売を行ってはならないということです。譲渡も禁止です。あくまで個人で購入したものであって、個人の利用に限るという点に注意してください。また、個人輸入業者には偽物や粗悪品を送りつけるところもあって、トラブルも多発しています。しっかりとサイトなどを見て、正規品を取り扱っているかどうか、また正規の販売ルートで入荷しているかどうかを充分注意しましょう。個人輸入の大きなメリットは、通院する手間が必要ないことと、安く入手できる点にあります。価格は、処方箋で購入するよりも3割程度安くなります。業者がしっかりしているかどうか見極めて購入しましょう。

レビトラの大きな特長として、食事をしてもその影響を受けにくいという点があります。バイアグラは、空腹時に服用しないと効果を感じられるまでの時間が長くかかったり、効き目自体が半減したりすることがありますが、レトビラはそういった影響を受けにくいというメリットがあります。基本的に食前でも食後でも、いつ飲んでも構わないというのがレビトラの長所です。レビトラは他のED治療薬に比較して水溶性が高く、素早く体内に吸収されるため、食事の影響を受けにくい性質があります。

レビトラを服用するうえで気を付けたいのが、暴飲・暴食です。あまりお腹がいっぱいの状態では効き目が薄れます。そのため、腹7分目くらい、通常の食事よりやや軽めの食事をする方がいいでしょう。また、食事の内容もほとんど問いません。通常の食事を楽しんでから服用して大丈夫です。ただし、あまり脂質の高いメニューは避けた方がいいでしょう。脂分の多い食事をお腹いっぱい食べた後はどうしても消化が悪くなります。レビトラは水溶性が高いことが特徴ですが、それでも脂分の消化に胃液が費やされている状態では、吸収が悪くなります。レビトラを飲むときには、薬の効果が失われないよう、念のために脂っこいものやこってりしたものを避ける方が無難でしょう。脂質の低いあっさりした食事の方が、効果を引き出せます。

レビトラは水に溶けやすいのが特徴で、個人差はあるものの早い人で10分程度で効果が現れます。たとえばパートナーとの性行為にのぞむ際には、食事をしてから2時間以上経って、ベッドに入る直前に服用する方法がいいでしょう。空腹時に使用したレビトラは早く効き目が出ますし、効果も最低4時間持続します。パートナーを充分に喜ばせることが可能です。普段なら1回で終わってしまう行為も2回、3回と可能になります。レビトラそのものには性的興奮を得るための成分は含まれていないので、性的興奮はパートナーに与えてもらいましょう。

レビトラは勃起不全の人の悩みを解消するためのED治療薬で、性的な刺激や興奮を得ることによって勃起するペニスを助けて、性行為を順調に行うことを可能にした薬です。個人差はありますが、性行為の1時間ほど前に水などで服用します。

レビトラは従来のED治療薬に比較して、副作用が抑えめであることに特長があります。人それぞれに程度の差はありますが、副作用として発症しがちなのが目の充血や顔のほてりがあります。レビトラは血管を拡張する働きがあるため、このような症状が出ることがあります。気にならない程度であれば、むしろレビトラの成分が体内に吸収されて効き目が現れていると考えましょう。過度に心配する必要はありません。血管が拡張されることによる副作用として想定されるのは動悸や頭痛などがあります。人によっては我慢できないくらいに痛むなどのケースが考えられます。そういった際には医師に受診するようにしましょう。また、鼻づまりや光に敏感になるなどの症状が見られることがあります。こういった症状は、基本的に4時間から6時間ほどで治まります。もし回復しない場合には、病院に行きましょう。本来的にはレビトラには命にかかわるような重篤な副作用を起こす成分は配合されていません。ただし、個人輸入などで入手したレビトラには、健康を害する成分が含まれていることがあります。

レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬ですが、満腹状態で服用すると充分な効果が得られないことがあります。食後2時間ほど時間をあけてから服用した方が効果的です。また、レビトラそのものには、性的興奮を高める作用はありません。あくまで勃起不全の改善のための薬です。服用したら、必ず勃起するというわけではなく、性的に興奮させるものがないと勃起は得られません。また、硝酸剤や抗不整脈薬、抗真菌薬、HIV治療薬などとレビトラは併用禁忌です。併用してしまうと、重篤な副作用を起こすことがあります。注意しましょう。

レビトラは、ドイツのバイエル製薬が開発したED治療薬です。先発のED治療薬であるバイアグラに比較して即効性があることや、薬効の持続時間が長いというメリットがあります。使用には必ず医師の処方箋が必要です。ED治療を専門とする医療機関やクリニックに受診したうえで処方箋をもらって入手するようにしましょう。

レビトラの服用方法は1日に1回とし、服用には24時間以上の間隔を空ける必要があります。服用は性行為の約1時間前が適切です。用量については5mgをはじめとした3種類があり、これは医師の判断によって処方されます。肝臓の悪い人、また高齢の人については医師の指示に従って用法と用量を守って服用するようにしましょう。指示された用量では満足できる効果が現れない場合や、副作用の可能性がある場合には、必ず医師や薬剤師に相談してください。自身の判断で服用の量を増やすのは危険です。性行為は心臓に負担をかけますので、無理をしないように注意しましょう。実際、心臓の血管に障害のある人や、不整脈のある人、硝酸剤の処方を受けている人にはレビトラは処方されません。血液透析を受けている重篤な腎障害の人や低血圧症、高血圧症の人にもレビトラは処方しないことになっています。

レビトラを服用した後に狭心症の発作が出ることがまれにあります。狭心症は、急激な胸の痛みや圧迫感を感じるという発作が出ます。胸の奥が痛むと感じたり、胸の締め付けや押さえつけられるような痛みなどを感じるのは狭心症の発作です。背中やのどの痛み、左肩から腕にかけてのしびれを感じることもあります。糖尿病の患者は症状を軽く感じがちな傾向があるため、注意が必要です。もし狭心症の発作が出た場合には、その場で安静にしてただちに医師の治療を受けてください。発作の治療をする医師に対してレビトラを使用中であることと、服用した時間は必ず伝える必要があります。狭心症であるとの診断を今までされたことがない人でも、狭心症の発作が性行為をしている時に起こる場合があります。発作が起きたときには、それを伝えることができない場合もあります。あらかじめパートナーにはレビトラを服用していることを伝えておきましょう。

レビトラだけでなく、ED治療薬全般に言えることですが、硝酸剤とレビトラは併用禁忌薬とされています。硝酸剤は、高血圧症や心筋梗塞などの生活習慣病の治療薬として用いられることの多い薬です。レビトラは、PDE5(ホスホジエステラーゼ5)の働きを阻害することで、血管平滑筋で一酸化窒素の弛緩反応を増強する薬です。そのため、血圧が低下することになります。高血圧症などで服用される硝酸剤を使用している人がレビトラを服用すると、急激な血圧低下を招いて、最悪の場合死に至るおそれがあります。そのため、硝酸剤とレビトラは併用禁忌とされています。硝酸剤には飲み薬だけでなく、貼り薬や吸入薬、塗り薬など様々なタイプがあります。こういった薬を処方されている人は、医師の診断を受けて、もし禁忌にあたるのであれば使用を断念してください。

このほか、心臓系の疾患のある人の一部にはレビトラは処方されません。HIV治療薬や、内服の抗真菌薬などとの併用も禁忌とされています。レビトラによって血中濃度の上昇が過度の場合、心臓や血管への負担が高まるため、副作用が強く出るケースが考えられます。低血圧症、高血圧症、また不安定性狭心症の方には処方されないことがあります。性行為は血圧、心拍数を増加させます。勃起不全の治療を始める前には、脳や心血管系に異常がないかどうか判断する必要があります。脳や心血管系の状態によって性行為自体が不適用と考えられる場合には、レビトラは処方されません。

一部の肝臓疾患でも、レビトラの使用が禁忌となることがあります。肝臓のクリアランス能力の低下を招く危険性があるためです。血液透析が必要なほどの重度の肝障害のある患者では、レビトラは併用禁忌です。また、網膜色素変性症でもレビトラは処方されません。レビトラはPDE5阻害剤ですが、若干のPDE6の阻害作用も臨床実験で明らかになっています。網膜疾患ではPDE6を阻害してはならないため、禁忌として設定されています。

レビトラとバイアグラでは、作用の持続時間や即効性、食事への影響などが違っています。勃起の強さや副作用、価格面でも違いがあります。たとえば作用の持続時間は個人差があるものの、バイアグラ50mgでは約3時間、レビトラ20mgでは8時間から10時間ほどです。性行為の時間を気にして服用する必要がないため、精神的に楽になるというメリットがありますし、1回の服用で長時間楽しみたいという人にもレビトラの方が向いています。勃起の強さでも、レビトラ20mgはバイアグラ100mgに相当します。

ED治療薬で重視されることに、効き目が表れるまでの時間があります。どの程度の時間で薬効が現れるかによって、服用のタイミングを計る必要があります。レビトラは性行為の10分から1時間前の服用で効能が現れます。一方バイアグラは性行為の1時間前には服用しなければいけないケースがあります。急に性交渉のチャンスが来ても、バイアグラの場合には1時間後まで待たなければならないのに対し、レビトラであれば10分程度で効果が出ます。これには個人差がありますが、一般的にはレビトラの方が即効性という点で優れているでしょう。

食事の影響に関しては、ED治療薬は基本的に空腹時の服用が推奨されています。この点ではレビトラもバイアグラにも違いはありませんが、レビトラの方が食事の影響を受けにくいという特徴があります。食べ過ぎに注意した方がいいという程度です。バイアグラはレビトラに比較して、食事の影響が強く出ます。できるだけ空腹時に服用する必要があります。副作用として、ED治療薬は頭痛や動悸、鼻づまりなどの症状が出ることがあります。ED治療薬には血管拡張作用があるためです。副作用は、レビトラの方がバイアグラに比較して若干抑えられています。また、バイアグラには視界が青く見える青視症という副作用が出るケースもあります。レビトラは後発薬であるため、こういったED治療薬の反省をふまえて開発されています。

ED治療薬のレトビラの主成分はバルデナフィルです。バルデナフィルには血液の流れを良くする効能があり、海綿体に血液を流し込むことでペニスを硬くして勃起を持続させる効果を生みます。性行為を成功させるには、まずペニスが硬く勃起することが重要です。勃起は、性的な興奮を得えうことによって起こりますが、血流が悪いと満足な硬さは得られません。バルデナフィルは、ペニス周囲に流れている血流を良くして、服用した人が本来持っている勃起力を発揮させるための薬です。

バルデナフィルの大きな特徴は水溶性の高さです。水に溶けやすく、体内への吸収が早いというのがバルデナフィルの特長です。即効性があって、早い人で飲んで15分ほどで効果が発現します。この点では、バイアグラやタダラフィル配合のシアリスに比較して大きな違いがあります。吸収性に優れていて、食事からの影響を受けにくいという点もメリットです。バイアグラでは空腹時の服用が推奨されていますが。レトビラの場合には必ずしも空腹時でなくても効果が期待できます。また、一般的に少ない量で大きな効果を持つという点もバイアグラと比較してメリットでしょう。バイアグラの一般的な用量はシルデナフィルが50mgですが、レビトラはバルデナフィルが10mgが通常です。シルデナフィル50mgの効果は、レビトラ10mgを服用したのと同等となるため、レビトラはバイアグラのわずか1/5程度で充分な効果が得られるということになります。用量が少ないため、錠剤の大きさに違いが出てきます。レビトラの方が錠剤のサイズが小さいため、飲みやすいという長所があります。

また、バイアグラは国内では50mgまでの用量で認可されています。効果の持続時間は4時間から5時間ほどです。一方、レビトラは20mgまで服用可能とされていますので、最大で8時間という長い持続効果があります。効き目が長い方が、タイミングを気にしすぎる必要ことなう服用でき、性行為でのプレッシャーも低くなりますし、性行為の時間も長くすることが可能です。

レビトラはバイアグラに次いで、ED治療薬として公的に認可された薬です。開発したのは、アスピリンで知られているドイツのバイエル薬品です。見た目はオレンジ色の円形ですが、中身は白い錠剤です。薬価基準未収載の薬であるため、どの医療機関でも保険適用外となり、診察から処方箋、薬代まですべて自己負担です。

日本ではバイアグラの発売が開始されてから2年後の2001年12月に厚生労働省に承認申請が行われ、製造販売が許可されたのは2004年4月になります。発売当初は、俳優の草刈正雄さんを起用したEDの疾患啓蒙を目的としたCMが全国に放送されたことで知られるようになります。レビトラには薬剤の箱や冊子に炎のマークが付けられています。これはバイエル薬品が「こすればすぐに着火する」「素早く効く」ことをアピールする意味合いが込められています。

レビトラの有効成分はバルデナフィルです。レビトラ20mgと表示されている場合、バルデナフィル塩酸塩水和物23.705mgのうちバルデナフィルを20mg含有しているということになります。バデナフィル塩酸塩水和物は、エタノールや水に溶けやすい性質を持っています。他のED治療薬であるバイアグラのシアリスに比較しても最も水溶性が高いのがレビトラです。最高血中濃度に達する時間は約40分で、ED治療薬では、最も早く効果が現れるという特徴があります。

レビトラの主要な働きは、勃起を継続させるために必要なサイクリックグアノシン一リン酸という物質を壊すPDE5を抑制することにあります。そのため、レビトラを服用すれば、すなわち勃起するというわけではありません。性的な刺激を感じて性的な興奮状態となった後に勃起した場合に、それを補助してくれるということです。サイクリックグアノシン一リン酸は血管を拡張させる物質ですが、この酸をPDE5という酵素が壊すと、海綿体の血管収縮により勃起の持続がなくなります。レビトラはPDE5の働きを阻害することで、海綿体の血管の収縮を防ぎます。あくまで性的な刺激があることが前提です。

« 戻る